白髪薄毛対策のサイト

ビオチン メモ(読まなくていいかも…)

スポンサーリンク

 以上で述べたように、ビオチンは髪の健康や状態にも関係があります。
 抜け毛や白髪が急に増えてきた人は積極的にビオチンを摂取することで、薄毛や白髪が改善する可能性があります。


  

 白髪になる原因はメラノサイトと呼ばれる色素細胞が減少したり、
色素細胞の働きが弱くなってメラニン色素が作られなくなっている事が原因であるとされています。
 メラニン色素の少ない白人に比べて、日本人のメラニン色素が多いため、一般的に日本人の髪色は黒髪です。
 黒髪の中に白い毛髪が生えるので、白髪が目立ってしまいます。

スポンサーリンク
 

 白髪の原因は白い色素に変わる訳ではなく、色素が無くなってしまうことで、元の透明な色になっているのです。
 透明でも数百万本と集まると、白く見えるようになります。
 白髪が減ったらいいのになぁ。


 

 ※髪の毛にいいと言われて、私が試しているもの→もずく(沖縄もずく、ふともずく)、黒ゴマ(すりごま)、
 亜鉛(サプリメントをクエン酸またはビタミンCの入った水分で飲む)、銅ミネラル(納豆、プルーン、ひじき)
 オリーブオイル(もこみちばりにエキストラバージンオイルをぶっかける、調理する油をピュアオイルに)
 ※髪の毛に悪いと言われて、私が減らすようにしたもの→コーヒー(断腸の思い)、緑茶、ウーロン茶、紅茶
 ※効果は不明であるが試してみるもの→オリーブオイルマッサージ
 ※保留 ビオチン(サプリ、卵黄、大豆)

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加