白髪薄毛対策のサイト

ビオチンの効果

スポンサーリンク

 ビオチンは毛細管を太くして血流を上げる事から、皮膚炎の予防(又は皮膚炎を治す)の為に発見されたと言われています。
 また、ビオチンはパントテン酸と共に酵素を作り、コレステロールの代謝をしながらエネルギーを作る働きをしていると言われています。


  

 さらに、皮膚のターンオーバーを正常化し、細胞に十分な栄養補給と老廃物を排泄する働きをします。
 この働きから、肌の新陳代謝が行われるため、ビオチンはスキンケア(ニキビも)として欠かせない栄養素なのです。

スポンサーリンク
 

 その他、アトピー性皮膚炎(痒みがつらいですよね…)や、花粉症などのアレルギー反応を引き起こす化学物質を除去する働きもあると言われています。
 そのため、アトピーの人はこのビオチンが腸内に少ないため(ビオチン欠乏症)、数々の炎症を引き起こすとも考えられています。
 ですから、アトピー性皮膚炎改善に非常に大きな効果があると言われている事からも、近年注目を浴びているビタミンの一種なのです。
 (白髪や薄毛とは関係ないですが、赤ちゃんや乳児などだと気を使いますね。)

 

 続く


 

 ※髪の毛にいいと言われて、私が試しているもの→もずく(沖縄もずく、ふともずく)、黒ゴマ(すりごま)、
 亜鉛(サプリメントをクエン酸またはビタミンCの入った水分で飲む)、銅ミネラル(納豆、プルーン、ひじき)
 オリーブオイル(もこみちばりにエキストラバージンオイルをぶっかける、調理する油をピュアオイルに)
 ※髪の毛に悪いと言われて、私が減らすようにしたもの→コーヒー(断腸の思い)、緑茶、ウーロン茶、紅茶
 ※効果は不明であるが試してみるもの→オリーブオイルマッサージ
 ※保留 ビオチン(サプリ、卵黄、大豆)

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加