白髪薄毛対策のサイト

ビオチンとは?

スポンサーリンク

 ちょっと聞きなれない成分「ビオチン」白髪の予防と関連があるとのことで注目してみました。
 白髪が減った。という結果がでればいいのですが、どうなるでしょうか。


  

 ビオチンは、ビタミンB群の仲間でもあり、水溶性ビタミンの内の1つでもあり、白髪予防のビタミンといわれます。
 ビオチンはビタミンの中でもタンパク質を成形するために大切な効果・効能を持つビタミンHのことを言います。
 (ビオチンのことを以前は「ビタミンH」と呼ばれていたという人もいます。)

スポンサーリンク
 

 ビオチンは髪に必要な栄養を与えて髪の発育を促すと言われています。
 また、強い髪を育毛して抜け毛を減少させるといった毛髪に関する効果も期待されています。
 さらに、健康な肌を維持する働きもあると言われています。

 

 続く


   

 ※髪の毛にいいと言われて、私が試しているもの→もずく(沖縄もずく、ふともずく)、黒ゴマ(すりごま)、
 亜鉛(サプリメントをクエン酸またはビタミンCの入った水分で飲む)、銅ミネラル(納豆、プルーン、ひじき)
 オリーブオイル(もこみちばりにエキストラバージンオイルをぶっかける、調理する油をピュアオイルに)
 ※髪の毛に悪いと言われて、私が減らすようにしたもの→コーヒー(断腸の思い)、緑茶、ウーロン茶、紅茶
 ※効果は不明であるが試してみるもの→オリーブオイルマッサージ
 ※保留 ビオチン(サプリ、卵黄、大豆)

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加