白髪薄毛対策のサイト

白髪と睡眠

スポンサーリンク

睡眠は白髪にいいという話はよく聞きます。
 この説を否定する意見を私は見たことがありません。


  

 なので、今回は結論から書きます。

 

 ・午後10時から午前2時(ゴールデンタイム)までの時間眠ることが大切!!
 ・そんなの無理!って方は、週に1〜2日くらいとか、可能な範囲で夜10時就寝を目指してみましょう。

スポンサーリンク
   

 では、後はつらつらと理由を書いていきます。
 興味なかったら、飛ばしてください。


   

 髪の毛は昼の間に大気中のゴミ・ホコリ、太陽の紫外線、気温の寒暖差などによって、知らず知らずのうちにダメージを負っています。
 睡眠時間は髪の毛にとって、これらのダメージを回復するための大切な時間なのです。
 寝る事が大切なのは、髪の毛だけではありません。
 睡眠は体力を回復させたり、内臓の働きを正常化しています。
 睡眠不足になると、これらの働きが低下するため、体は生命活動のためのエネルギーが不足状態になります。
 このような状態の時、エネルギーの供給が一番後回しにされるのが頭皮です。
 頭皮は生命活動の必需品ではないため、体内のエネルギーは心臓や脳などに優先的に配給されるのです。
 その場合、髪を黒く保つ「メラノサイト」という細胞の働きが衰えて、白髪の原因になってしまうのです。

 

 続く

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 ※髪の毛にいいと言われて、私が試しているもの→もずく(沖縄もずく、ふともずく)、黒ゴマ(すりごま)、
 亜鉛(サプリメントをクエン酸またはビタミンCの入った水分で飲む)、銅ミネラル(納豆、プルーン、ひじき)
 オリーブオイル(もこみちばりにエキストラバージンオイルをぶっかける、調理する油をピュアオイルに)

 

 ※髪の毛に悪いと言われて、私が減らすようにしたもの→コーヒー(断腸の思い)、緑茶、ウーロン茶、紅茶

 

 ※効果は不明であるが試してみるもの→オリーブオイルマッサージ