白髪薄毛対策のサイト

番外編 オリーブオイルとアンチエイジング@

スポンサーリンク

 番外編なので読み飛ばしていただいて差し支えありません。

 

 オリーブオイルとはオリーブの実から作られるオイルです。


  

 オリーブ油のビタミンE含有量は、他の植物油と比べ3〜5倍も多く含まれていると言われています。
 また、おりーぶおいるは酸化防止成分も含んでいますので、美肌効果があり、皮膚を保護して整えてくれる効能があると言われています。
 オリーブオイルに含まれる一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、オリーブオイルの中の脂肪酸の約75%を占めます。
 オレイン酸は悪玉コレステロールだけを下げる効果があります。

スポンサーリンク

 そのため高血圧、動脈硬化、心臓病、肥満などの病気を予防したり、胃酸の分泌を調整したり、便秘改善の効果もあります。
 また、オレイン酸は他の脂肪酸と違って酸化しにくいので、加熱調理にもおススメだと言われています。
 他にも、アルファリノレン酸、ポリフェノール、ビタミンEなども含まれていると言われています。
 アルファリノレン酸は良い細胞を作るのに必要な成分です。
 ポリフェノールやビタミンEは抗酸化物質なので体内の活性酵素を除去してくれます。


   

 活性酵素は呼吸で体内に取り込んだ酵素の一部ですが、たんぱく質、脂質だけでなくDNAなども酸化させてしまう恐ろしい物質です。
 いつまでも若く美しくいるためにはこの活性酸素とも戦わなければいけないと言われています。
 よって、オリーブオイルは美容と健康を維持するのに適した油といえると考えられています。

 

 続く

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 ※髪の毛にいいと言われて、私が試しているもの→もずく(沖縄もずく、ふともずく)、黒ゴマ(すりごま)、
亜鉛(サプリメントをクエン酸またはビタミンCの入った水分で飲む)、銅ミネラル(納豆、プルーン、ひじき)
オリーブオイル(もこみちばりにエキストラバージンオイルをぶっかける、調理する油をピュアオイルに)

 

 ※髪の毛に悪いと言われて、私が減らすようにしたもの→コーヒー(断腸の思い)、緑茶、ウーロン茶、紅茶