白髪薄毛対策のサイト

コーヒーのカフェインの長所短所・効果・効能・摂取量

スポンサーリンク

 では、カフェインについて、どうして悪いのかを考えてみた。
 ※結論は前の記事で書いていますので、興味ない方は読む必要ないのかもしれません。


  

 カフェインは、血管を収縮してしまい髪の成長に必要な栄養が毛乳頭に蓄えられる働きが阻害されることによって、
髪に栄養を蓄える事ができなくなってしまうと言われています。
 カフェインは、摂りすぎると中毒になる恐れが少なからずあると言われています。
 1日に10杯ほどを毎日飲み続けるというような行動をしなければ、中毒になるような心配はないそうです。
 カフェイン中毒は、強い心配や不安感やパニックに陥るなどの症状があるようです。

スポンサーリンク

 カフェインの悪いと言われている意見は以上でした。
 今度はカフェインの長所についてです。


  

 カフェインには以下の効能が少なからずあると言われています。
・中枢神経を刺激し、集中力を高める。
・エネルギーの消費を補助する。
・脂肪の分解を助ける。
・毛細血管を拡張し血流をよくする→ 血流がよくなると毛根まで栄養がしっかりと届く→発毛にとってはいい効果であるという意見もあります。

 

 続く

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 ※髪の毛にいいと言われて、私が試しているもの→もずく(沖縄もずく、ふともずく)、黒ゴマ(すりごま)、
亜鉛(サプリメントをクエン酸またはビタミンCの入った水分で飲む)
銅ミネラル(納豆、プルーン、ひじき)
 ※髪の毛に悪いと言われて、私が減らすようにしたもの→コーヒー(断腸の思い)、緑茶、ウーロン茶、紅茶