白髪薄毛対策のサイト

亜鉛の摂取方法

スポンサーリンク

 亜鉛がどうやら白髪に効果がありそうなことは前回の記事()で分かりました。
 ただ、どうやったら亜鉛を摂取することができるのだろうか。

 

 亜鉛は、牡蠣(カキ)・レバー・チーズ・卵黄・うなぎ・納豆・もも肉・ホタテ・アーモンド・そば粉・干しエビ・のり・落花生などに
 多く含まれていると言われています。
 ジャンルで言うと貝類に多く含まれ、肉類・乳製品・豆類と続きます。


 

 しかし、亜鉛は吸収率の悪い栄養素の一つであると言われています。
 つまり、「食事で実際に摂取した量の全てが吸収・活用されるわけではない」という特性があるようです。
 また、体内の3%を占めている亜鉛は、汗などで1日4mgずつ流れ出てしまうと言われています。
 ですから、食事などから摂取しないと体内に足りなくなってしまうようです。

スポンサーリンク

 

 亜鉛の一日摂取量目安は、1日あたり最低2.1mg〜15mgと言われています。
 生活習慣によって最適量は違いますが、白髪に悩む方なら多めに摂っておきたいところだと思います。
 私はしませんが、育毛目的で亜鉛を飲む場合は、多い人で1日20〜50mg摂取する方もいるようです。


 

 では、15mgを例として、食品から得られる亜鉛量の目安はどのくらいでしょうか。
 15mgの亜鉛を食品から摂る場合の目安
 ・亜鉛含有量が最も多い生ガキ:6個分
 ・鶏もも肉:500g分
 ・牛もも肉:340g分
 ・ナチュラルチーズ:200g
 上記の例は、食品に含まれている亜鉛を全て消化・吸収できたとしての目安量です。
 カキはずば抜けて亜鉛の含有量が多いですが、比較的亜鉛の含有量が多い肉類でも相当な量を食べなくてはいけないという事です。

 

 こりゃ独身の私には無理だ。とりあえずサプリで摂取することにしました。

 

 髪の毛にいいと言われて、私が試しているもの→もずく(沖縄もずく、ふともずく)、黒ゴマ(すりごま)、亜鉛(サプリメント)

 

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加