白髪薄毛対策 黒ゴマ

白髪と黒ゴマ

スポンサーリンク

 黒ゴマが白髪に効くと聞いたことがあるので、このページにたどり着いた方は、結構いらっしゃるのではないかと思います。 そのような方は、  黒ゴマの黒い色素が、白髪を黒くするわけではないこともご存じだと思います。 結論から言うと、黒ゴマは食べ方が大事です。 以下は黒ゴマの栄養素について考えてみます。


 黒ゴマの豊富な栄養分が、白髪の原因であるメラニン色素の欠乏を防ぐことにより、白髪の予防や減少につながると言われています。 黒ゴマは、良質の脂質・必須アミノ酸を豊富に含むタンパク質やミネラル・食物繊維、そして、ビタミンEを含む各種ビタミン、カルシウムや鉄分を多く含んでいます。 これらは、白髪に効くだけでなく、動脈硬化や便秘、貧血や冷え症、老化防止などの効果があると言われています。

スポンサーリンク

 最も注目すべき栄養素は、「ゴマリグナン」という抗酸化成分です。コマグリナンは、優れた抗酸化作用により、肝機能を改善したり、脂質代謝促進、コレステロール上昇の抑制、二日酔い防止、血圧低下など、多くの効果があると言われています。 セサミンという名前を聞いたことがあると思いますが、これは、この「マリグナン」にもっとも多く含まれる物質です。このセサミンに、白髪の減少や防止に有効なミネラルやカルシウムが含まれていると言われています。


 ゴマは外皮が硬いため、そのまま食べても、栄養素はなかなか吸収されません。 そのため、すって食べるのが最適です。白髪染めのように、黒ゴマに即効性はありません。少量ずつでも毎日摂取することが理想です。すりごまをペースト状にしたものも販売されています。はちみつにすりゴマを混ぜて、トーストに塗ったり、牛乳やヨーグルトにすりごまを混ぜて飲んで見てはいかがでしょうか。 黒ゴマペーストもいいのかもしれません。

 

 次の記事です→

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加