白髪薄毛対策のサイト

白髪とビオチン(ビタミンH)記事一覧

 ちょっと聞きなれない成分「ビオチン」白髪の予防と関連があるとのことで注目してみました。 白髪が減った。という結果がでればいいのですが、どうなるでしょうか。   ビオチンは、ビタミンB群の仲間でもあり、水溶性ビタミンの内の1つでもあり、白髪予防のビタミンといわれます。 ビオチンはビタミンの中でもタンパク質を成形するために大切な効果・効能を持つビタミンHのことを言います。 (ビオチンのことを以前は「...

 ビオチンは毛細管を太くして血流を上げる事から、皮膚炎の予防(又は皮膚炎を治す)の為に発見されたと言われています。 また、ビオチンはパントテン酸と共に酵素を作り、コレステロールの代謝をしながらエネルギーを作る働きをしていると言われています。   さらに、皮膚のターンオーバーを正常化し、細胞に十分な栄養補給と老廃物を排泄する働きをします。 この働きから、肌の新陳代謝が行われるため、ビオチンはスキンケ...

 ビオチンは薬としての効果も非常に高いビタミンと言えます。 ビオチンは、肌の新陳代謝をよくすること、アレルギー症状を緩和することは述べました。 また、ビオチンによる皮膚の毛細血管を太くし、血流を上げて、頭皮の調子を整えることが毛髪の発育機能を高めることなどに効き目があるとされています。 このためビオチンが減少すると白髪が生えやすくなると言われています。   ビオチンは食べ物の中にもたくさん含まれて...

 トマトにはリコピンとこのビオチンが多く含まれている事から「トマトダイエット」などが発祥したようです。 このようにビオチンは食品に広く含まれており、また腸内細菌によって合成されます。 よって、一般的に欠乏することはほとんどないと言われています。   しかし、生卵ばかりを偏って摂取したり、長期間に渡り抗生物質を摂取している場合は、抗生物質が胃や腸の中でビオチンの吸収を阻害する働きがあり、ビオチンが不...

 以上で述べたように、ビオチンは髪の健康や状態にも関係があります。 抜け毛や白髪が急に増えてきた人は積極的にビオチンを摂取することで、薄毛や白髪が改善する可能性があります。   白髪になる原因はメラノサイトと呼ばれる色素細胞が減少したり、色素細胞の働きが弱くなってメラニン色素が作られなくなっている事が原因であるとされています。 メラニン色素の少ない白人に比べて、日本人のメラニン色素が多いため、一般...